FIELD OF ZERO

カンボジアでのテニスコート建設の様子を紹介します!

カンボジアのまさと(masato_ogiwara)です。

初日はテニスコート予定地に実際に砂入れをしていきます。

第一回目の部活動が5月6日に予定していることもあり、急ピッチで作業を進めていくことになりました。

市場に必要なものの買い出し

 

テニスをするためには、遠くへボールが入ってしまわないようにするためのフェンスなども必要です。

それらのテニスコートの周辺備品を買いました。

商品は量り売りによって価格が決められるというスタイルでした。

 

市場への買い出し 市場で買い出し中にふざける 買い出しに行くメンバー

 

初日は買い出しのみで明日から砂入れやコート作りをします。

コート作り開始!

土地への砂入れ

今日はテニスコート建設2日目です。

今回は山の砂を持ってきてもらってその砂をまいてコートつくりをしていきました。

とにかく初めは手作業で砂をまいていきました。

 

砂を撒くメンバー みんなで砂を撒く様子 スコップを使って砂を撒く

 

初めはメンバーだけで行っていたのですが、様子を聞きつけた村の人たちが少しずつ集まり手伝いにきてくれました。

 

農村の子どもたちも一緒にコート作りに参加 みんなで協力してテニスコート作り みんなで知恵を出し合って効率よく進める様子 近所のカンボジア人も協力してくれた

 

途中昼休憩で近くの食堂でみんなでごはんを食べました。

僕は疲れて近くのハンモックで爆睡。笑

 

休憩中

 

しっかり休んだこともあり、午後からも炎天下の中コート作りをしました。

カンボジアは1年中暑いですが、今は特に暑い乾季の時期です。

 

炎天下の中作業する様子

 

午後からはもっと多くの助っ人が来てくれて、みんなの手でコートを作って行きました。

 

たくさんの子供たちが協力 見に来る子供達 作戦会議するメンバー

 

みんな朝から夕方まで炎天下の中での作業でお疲れのようでした。

 

FIELD OF ZEROメンバー 代表メンバー

 

手伝ってくれた農村の子どもたちにも感謝です。

この子たちとテニスができると思うととても楽しみです。

 

手伝ってくれた子どもたちとメンバー 農村の子どもたち

ないものは手で作りだす

この日はテニスコート建設3日目です。

今日はコートの土を固めるための道具をつくるためにまずは木材屋さんへ。

木材屋さんに希望サイズに調整してもらっている様子 トンボの製作 素材の抜け漏れチェック

 

日本ではすでに出来上がったトンボなどが売られていると思いますが、カンボジアの農村にはそのようなものは売っていません。

そのため、ないなら素材を探して作らないといけないのです。

まずは日差しが強く体力の消耗が激しいので、それぞれサングラスを持参し、帽子を購入しました。

 

まさと

 

花井さんとまさと

 

午前中の作業はコートの地面を平らにすること。

コートの予定の近くに住む方々と運転手さんが先ほど買った木材を使って、トンボを作ってくれました。

そのトンボを使ってみんなで地面を平らにしていきました。

 

みんなで土地整備 農村の子どもたちと土地整備

 

お昼は友達のソチェットさんのお兄さんの家でごちそうになることに。

まだ作りかけの家でした。笑

 

花井さん 休憩中のまさと 休憩中のまさとと花井さん

 

そしてコートのトンボがけを午後もスタートしました。

気づけばたくさんの子どもたちが集まってくれており、作業もあっという間に進んでいきました。

 

子どもたちと土地をならす コート整備に協力してくれる子供達 ゲームのように競う子どもたち 楽しそうな子どもたち 農村の子どもたち

いよいよコート完成が近づいてきました。

残り少しみんなで力合わせて頑張ります!